所有権更正登記

所有権の登記内容の一部について登記時点から錯誤や遺漏(抜け落ちていること)があり、実体法上の権利関係と一致しない場合の登記です。更生前の登記と更生後の登記に同一性があるときのみ、更正登記をすることができます。
実際には、甲がA不動産を乙・丙に売ったが、登記上は甲から乙への所有権移転登記がされた場合です。このような場合、乙が所有者となっている登記を乙・丙の共有名義に更正することができます。

2019-09-26 16:45 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所