実際にあったトラブル事例弁護士が解説する不動産トラブル事例紹介

トラブルを抱える不動産オーナー・地主・不動産業者の方へ弁護士が不動産トラブルを徹底解説

不動産の賃貸・売買によって生じる多様で重大な問題

不動産の賃貸・売買は、大きな金額の取引になります。人によっては、一生に一度の買い物になるかもしれません。土地を買えば、その土地に亡くなるまでいるかもしれませんし、住宅を買えば、その住宅で亡くなるまで生活することになるかもしれません。つまり、不動産を購入するということは、人生を購入することとニアリーイコールとなり得ます。

だとしたら、土地に、住まいに、愛着を持ちたいですよね。それは、不動産取引で「いい買い物」をできるかどうかにかかっています。「この土地が欲しい」「この住宅が欲しい」と思って購入したのに、後になって地盤が脆弱なことが分かったり、雨漏りすることが分かったりしたら、どうしましょうか。風の強い日に猛烈な悪臭が漂ってきたり、天井裏にシロアリが棲みついていることが判明したりしたら、どうしましょうか。
「日当たりがいい」と言われたのに、物件購入後まもなく南隣の土地に高層マンションが建ってしまったら、仲介業者に「話が違う」と文句を言えるのでしょうか。近くに暴力団事務所があることが分かったら、契約した売買契約を解除できるのでしょうか。

貸し主・買い主・売り主・宅建業者の四者の視点でトラブル事例と解決法を紹介

本サイトでは、貸主の立場から、買い主の立場から、売り主の立場から、そして宅建業者の立場から、さまざまな不動産取引の基礎知識を詳細に解説するとともに、トラブル事例について解決法をご紹介しています。また、実際の裁判例や、判例の指摘内容にも触れています。

不動産取引で失敗しないために、大切なこと。残念ながら、失敗してしまった時に、契約を解除できるのかどうか。あるいは、損害賠償を請求できるのかどうか。金額が大きいといううまみから、売り主や「もぐり」の宅建業者による詐欺行為に遭わないとも限りません。被害者にならないために、どんなことに注意したらいいでしょうか。

不動産の売買には、民法やさまざまな特別法で多くのルールが定められています。専門知識のある宅建業者と一般の買い主との間には、情報の格差があり、法律は弱者を保護するために多様な規定を設けています。
もちろん、ルールや情報はその都度、専門家に聞けばいいのかもしれませんが、トラブルを未然に防ぐためには、ある程度の知識を自身で身につけておくこともまた、肝要です。
このサイトを読んでいただけましたら、不動産取引に関わる知識や問題を一通り、身につけていただけるようになっています。不動産トラブルに遭わないために、不動産トラブルに遭ってしまった時のために、このサイトがお役に立てたとしたら、幸いです。

不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日