不動産問題ブログ

記事すべて

サービス付き高齢者向け住宅
介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスの提供が行われる住宅です。平成23年4月に行われた高齢者の住居の安定確保に関する法律の改正により創設された、比較的新しい制度です。サービス付き高齢者向け住宅として認定されるためには、都道府県や政令指定都市などの登録を受けることが必要です。サービス付き高齢者向け住宅は、入居利用者が必要なサービスを自分で選ぶことができるケア付き住宅です。介護サービス事業所の…
サービスルーム
建築基準法の居室の基準を満たしていない部屋のことです。納戸、フリールームなどと呼ばれることもあります。居室とは、住宅や作業などの目的のために継続的に使用する部屋のことをいい、居室として認められるためには、採光・換気・天井高など、多くの条件を満たしていることが必要です。これらの条件を満たしていない部屋は、不動産広告などにおいて、サービスルームと表記されることになります。サービスルームには、窓・エアコ…
債権
特定の相手(債務者)に対して、特定の者(債権者)が一定の給付を請求することができる権利です。債権を行使することで目的物の引渡しを求めたり、金銭の支払を求めることができます。 物権は誰に対しても主張することができますが、債権は特定の人に対してしか主張することができません。
代位原因
「債権者代位による登記」を申請する場合に、債権者が債務者を代位できる根拠のことです。CがBから土地を買ったが、登記簿上、所有者がBの前所有者Aのままになっている場合、AからBの所有権移転登記をする必要があります。AからBへの所有権移転登記請求権に代位する場合、代位原因は売買の所有権移転登記請求権となります。
買い替え交換特例
土地の譲渡益に対する課税を、将来に繰り延べる制度のことを買い換え交換特例といます。事業に使用している土地、建物を特定の地域内の土地、建物に買い替えて事業の用に供した土地や、特定のマイホームを代わりのマイホームに買い換えたときに適用されます。特例を受けるには場合によって各種の条件があり、事業用の土地や建物を買い替える際には、買い換えた資産を取得日から1年以内に事業に使用することや、資産を譲渡したとき…
代位原因証明情報
代位原因を証明する情報です。登記の際に、申請情報として提供する必要があります。売買による所有権移転請求権が代位原因となる場合は、売買契約書などが代位原因証明情報となります。
解除
契約関係を解除することで、当事者の一方からの意思表示によって行います。契約を解除すると効果は遡及し、契約は最初から無かったことになります。契約の中ですでに約束が履行された部分については、初めからなかったことになるので元に戻す必要があります。もっとも初めからなかったことにするにしても、これによって解除前に現れた第三者の権利を害することはできません。損害が発生した場合には、解除権の行使とは別に、損害賠…
媒介契約
不動産の売買・賃借などを不動産業者に依頼する契約のことを媒介契約といいます。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つの種類があり、複数の業者へ依頼ができるか、依頼主の報告義務があるか、などの違いがあります。宅地建物取引業者が契約を締結したときは、遅滞なく書面を作成して決め記名押印し、依頼者に交付しなければなりません(宅建業法34条の2)。
代位による登記
民法423条が債権者代位権を認めることを根拠として、債権者が本人に代わって登記の申請を行うことです。甲が乙から乙所有の不動産を買ったが、移転登記が未了である場合、甲の債権者丙がその不動産を強制執行する場合には、不動産の登記名義人が甲である必要があるので、丙が甲に代位した上で乙と共同して乙から甲への所有権移転の登記を申請します。
解除権の留保
一方的な意思表示で契約を解除することができるように解除権を行使できるようにしておくことです。解除権の留保を確保していない場合は通常、契約解除にあたって、相手方の債務不履行などの解除できる理由が必要です。しかし、解除権が留保されている場合は、相手方に債務不履行などの理由がなくても、解除しようとする当事者が一方的なの意思表示をするだけで契約を解除することが可能です。
1 2 3 4 5 6 85
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日