不動産トラブルよくある質問:重要事項説明書の説明方法関連FAQ

[よくある質問]:
重要事項説明書の説明方法関連

不動産トラブルFAQ

外国人に土地を媒介して売った
外国人に買ってもらったが…… 外国人に土地を媒介して購入してもらいました。契約の解除についてのトラブルになってしまいました。日本語は簡単なあいさつ程度ができる程度でほとんど理解できないことから、重要事項説明は買主の18歳の長男が立ち合い、通訳をしてもらいました。契約の解除に関する理解ができていなかったようです。説明について媒介業者に責任があるといいますが……。 重要事項説明はその物件を購…
目に障害がある買主への説明
目に障害がある買主への説明は。建売業者です。このたび当社の新築建売住宅がオール電化であることや、バリアフリー仕様であることなどを気に入っていただき、購入をしていただくことになりましたが、購入予定者はご夫婦ともに目に障害があり視力がありません。重要事項説明書を交付して、視覚障害があることを念頭に置いてご理解いただけるようにできる限りの説明をするように予定していますが、宅建業法上、またトラブルが…
買主が共有に変更した場合の重要事項説明
買主が共有に変更……重説は。媒介した中古マンションの契約において、売買契約時において買主は1人でしたが、決済直前になり、奥様も買主にして夫婦の共有名義にしたいとの申し出がありました。契約前の重要事項説明の時には奥様は立ち会っていません。この場合、奥様に改めて重要事項説明が必要でしょうか。また売買契約書の変更は必要でしょうか。 決済前に、登記は共有名義にしたいとの申し出を受けることは、実務に…
買主が遠隔地のときの重要事項説明
買主が遠隔地のとき重説は。他県に住むAさんから、土地を購入したいとの依頼を受け、複数の物件を紹介し、現地を案内したところ、そのうちの1件が気に入り契約したいとの連絡を受けました。ところが、「仕事が忙しいので、重要事項説明は郵送してくれれば印鑑を押して送り返す。現地を見たときの説明で状況は把握したので問題ない」といいます。他県に居住されており遠隔地であることから、無理に出てきてもらうこともでき…
重要事項説明の内容について買主からクレーム
取引主任者が立ち会っていても中古一戸建ての媒介をして、契約を成立させましたが、重要事項説明の内容について、買主からクレームがあり、トラブルになってしまいました。買主は「そもそも重要事項説明に際して、説明を主任者でないAが行っている。これは宅建業法に違反している」と言います。確かに、説明は取引主任者でないAがしましたが、取引主任者が立ち合い、買主の質問には取引主任者がお答えしています。説明義務…
買主業者からは説明は不要と言われた
買主業者からは説明は不要と……建売分譲を計画している宅地業者から依頼を受けて、土地を紹介したところ気に入ってもらい、重要事項説明書を作成しました。重要事項の説明をしたい旨連絡したところ、「自社において必要な調査を行って確認しているので、説明は不要である。重要事項説明書には記名・押印する」といいます。重要事項説明書を交付していれば、買主業者の希望通りに説明を省略しても問題ないでしょうか。 宅…
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日