間違って契約したfor sale

錯誤
民法に基づき、人がする意思表示は「法律上の錯誤」があった場合は無効となります。法律上の錯誤は、表示行為から推測される意思と意思表示した人の真実の意思に食い違いがあり、その人がその食い違いに気づいていない状態を示します。逆に食い違いに気づいている場合は、民法の別の概念である「心裡留保」や「虚偽表示」に関わる問題となります。 この「法律上の錯誤」に当たるとしても、全ての場合に意思表示が無効となるわけ…
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日