老後に不向きな一戸建て


高齢になるにつれ変わる生活スタイル

一戸建ては、例えば、結婚を機に購入した、出産を機に子育てのために購入したなど人生の節目で購入される方が多く、その購入年齢も30代が最も多いようです。
現在一戸建てにお住まいの高齢者の方々も、その多くが2、30年前に購入され、長年その一戸建てで快適に暮らしてこられたのだと思います。
住宅ローンを組んで購入した場合、給与のほとんどが返済に消え、定年後の資産構成は、一戸建て住宅のほかにわずかな流動資産という状態。一生かけて働いた汗と涙の結晶ともいえる一戸建て住宅。

高齢になるにつれ、快適だった一戸建ての自宅での生活がだんだん不自由になっていることに気づき始めているのではないでしょうか。
一戸建てを購入した当時は、皆さんも20代、30代で身体が活力に溢れており、お住まいの不自由な点があっても多少は目をつぶって暮らすことができました。
しかし、成長した子供たちが家から巣立ち、高齢の夫婦二人または一人だけになったとき、生活スタイルが変化し、お住まいの問題が目立ち始めているのではありませんか。
お住まいの問題が顕在化してきた代表的な原因の1つとして、高齢による身体的変化が挙げられます。

例えば、加齢によって身体機能が衰えると、ちょっとした段差につまづいたり、立ち上がるときや階段を昇り降りするときに手すりが欲しくなります。

また、加齢により体力が低下すると、広い一戸建ての屋内の掃除や庭の手入れをこなしきれず、後回しにされ、気付いたときには荒れ放題となっていたりします。

これまで長年働き、子育てを続けて、やっとリタイヤしてセカンドライフを送ろうとしているのに、問題ばかりのストレスが多い生活を続けるのはナンセンスです。
セカンドライフを始めるのを機に、皆さんの世帯規模等の事情に沿った「新たな住処」を選ぶことが必要なのです。
クオリティ・オブ・ライフを追及し、第二の人生を謳歌しませんか?

なぜ今『家じまい』をしなければならないのか?

皆さんは、今はお元気なのかもしれませんが、突然、身体が不自由になったり、認知症を発症したりするかもしれません。
にもかかわらず、「まだ大丈夫」だと思って「家じまい」を先延ばしにしてしまい、一戸建てでの生活での支障が深刻になってからいざ売却しようとしても、一戸建てはすぐに売れるわけではありません。

また、売り急ごうとすると、急ぐあまり投げ売りとなり、
皆さんが損をしてしまうおそれもあります。

さらに、築年数が古い一戸建ての価値は底地のみであるといわれますが、これから土地価格が下がる一方だと言われているため、早く売った方が得といえます。
そのため、皆さん自身が元気に活動できる元気な今、「家じまい」をすることをお勧めしているのです。
それでは、なぜ老後の生活に現在住んでいる一戸建てがダメなのかについて説明します。

老後のゆとりある豊かな生活は『家じまい』から

そこで、我々から提案するのは、「家じまい」。
高齢者の生活に適さない住処を売却し、新たに得られたお金を老後の住処や生活に充て、皆さんの老後をゆとりある豊かな生活にするものです。
そして、我々は、「家じまい」とその後のトータルサポートを提案させていただきます。提案の詳細は、「家じまいのご提案」をご覧ください。

家じまいのご提案はこちら

2020-02-16 21:55 [Posted by]:BMB