マンションの1階にカラオケ店ができ騒音で困っている。

マンションの1階にカラオケ店ができ騒音で困っている。

この騒音問題は、1人で悩まず、大家さんと通じて注意してもらう、もしくは、同じような被害にあっている近所の人と一緒に交渉を試みるなりするべきです。
もしも、承知の上で大家さんが貸したのであれば、大家さんに対して強く抗議することも出来ますし、あまりにひどい場合には、損害賠償を請求することも可能になります。
それでも解決しないのであれば、役所の騒音指導課あるいは公害課などに申し入れをしてみてもよいです。日常生活における騒音に関しては、各自治体によって、騒音規制条例が定められているため、その基準に違反すれば、①計酷なアドの行政指導、②停止命令、③告発のように順をおって、厳しい措置が取られるようになっています。
しかし、騒音の大きさが騒音規制条例によって定められている基準より低かった場合ですが、騒音になっている原因によっては、基準以上の場合よりも不快に感じることがあります。ですが、基準値を超えていない以上、騒音防止条例で救済されることはありません。
よって、救済されるためにも最終的に頼るのは裁判となります。裁判となった場合、騒音の差止めや損害賠償が認められることがあります。

2019-10-24 15:05 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所