借家人に対し何の連絡もなく家主が建物を第三者に売ってしまいました。

借家人に対し何の連絡もなく家主が建物を第三者に売ってしまいました。その後、新しい家主から急に立ち退いてくれと言われました。この場合、どうすればよいでしょうか。

建物の所有者が借家人に無断で家を売ったとしても借家人の承諾はいっさい必要ないので、原則として別に責められません。建物の譲渡があった場合の新所有者と借家人の法律関係は、一般の賃貸借の場合と異なります。借家人は保護されており、建物の引渡しを受けていれば、借家人としての地位を建物の新所有者に対抗できるとされています。この
場合には、これまでの建物賃貸借契約の内容通りの関係が、借家人と新所有者との間で継続することになります。しかし、借家人がいることを承知の上で建物を購入し、借家人に対して立ち退きを迫ることは違法です。借家人は保護されていますが、立ち退きを迫られ生活に恐怖を覚えるなど、生活に支障をきたして意に反して明け渡さざるをえないような結果になれば、前所有者に損害賠償を求める場合もあるでしょう。

2019-10-24 15:35 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所