長谷川 裕雅


長谷川 裕雅

年間数十回の出張

今すぐ大至急に対応。

最初に就く仕事は非常に重要で、たとえ短期間で転職しても、仕事に対する考え方や進め方については生涯、影響を与え続けるのだそうだ。
真実だと思う。
真夜中の火事現場に急行し、事件が起きれば刑事の自宅に夜討ち朝駆け。時間を選ばず発生する事件事故に、徹底的に自分が合わせる。数多くの危機対応で実績を残すことができたのは、新聞記者で仕事人生を始めたのが大きい。紛争や訴訟に強い弁護士として、人生最大のピンチに置かれたクライアントのために戦いたい。
>『今すぐ大至急』

台湾で買い求めた茶器

ダイエット効果も期待したい。

深夜までデスクに向かっていると、口寂しくなる。
コーヒーや日本茶などいろいろと試した結果、落ち着いたのが台湾茶。
解説書なども豊富で、奥が深い。
茶器を求めて台北郊外の窯元まで向かった。
工房で値段交渉をし、3000円で購入した茶器。
同じ作家の作品が、東京ではなんと2万円で売られていた。
お気に入りは定番だが、凍頂烏龍茶。

代表 弁護士・税理士 
長谷川 裕雅 Hiromasa Hasegawa
第一東京弁護士会

略 歴 早稲田大学政治経済学部政治学科/朝日新聞記者/長島・大野・常松法律事務所/弁護士として北京駐在/DLA PIPER(英国法律事務所)
所属団体 法務大臣認証ADR機関 一般社団法人日本不動産仲裁機構 協力弁護士
資 格 スキューバダイビング/一級小型船舶操縦士免許/特殊小型船舶操縦士免許
趣 味 アジア離島めぐり 尊敬する人物 ジョン・マッケンロー
得 意 誰も考えつかない発想 苦 手 100m走を二人三脚で走らされる集団行動
好きな言葉 1人でもやる、1人でもやめる 言 語 英語・中国語

外部メンバー

不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日