使用目的に反したfor rent

使用目的違反と債務不履行
使用目的違反と債務不履行 建物を借りる目的は主として居住用か営業用です。こうした借りる目的を変更して使用した場合には使用目的違反となり、契約解除できるかが問題となります。 アパートや共同住宅で、一定の用法制限を設けるのは、その特殊性からいって仕方のないことです。このような特約を求めるのは、建物全体の統一的利用、建物の品位保持のために必要なことです。したがって、借家人は、この用法を守る義務があり…
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日