瑕疵担保責任と錯誤・詐欺for sale

瑕疵担保責任と錯誤・詐欺
錯誤や詐欺 瑕疵担保責任と他の制度との関係を検討する際に、一番問題となるのが錯誤です。 錯誤とは、意思と表示の不一致を表意者が知らないことをいいます。民法95条本文は、「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があった時は、無効とする」と定めています。 錯誤は「表示と真意との食い違い」であったり「情報不足や不注意から不本意な意思表示をすること」であったりしますから、瑕疵担保責任が問題となる場…
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日