環境的瑕疵と心理的瑕疵for sale

環境的瑕疵と心理的瑕疵
はじめに 不動産を売買する際、物理的な性能や法令上の制限といった観点から契約通りの品質を有していても、売買目的物の「環境的要因」や「心理的要因」が瑕疵に当たる場合があります。これらは法律で瑕疵に当たるかどうかの基準が明記されているわけではないため、過去の判例が目安となります。 環境的要因 「環境的要因」は日照や眺望、騒音など生活に関わる要素です。売買目的物そのものの問題ではなく、外的な事…
不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日