サービスルーム

建築基準法の居室の基準を満たしていない部屋のことです。納戸、フリールームなどと呼ばれることもあります。居室とは、住宅や作業などの目的のために継続的に使用する部屋のことをいい、居室として認められるためには、採光・換気・天井高など、多くの条件を満たしていることが必要です。これらの条件を満たしていない部屋は、不動産広告などにおいて、サービスルームと表記されることになります。サービスルームには、窓・エアコン・テレビ端子・電話端子などがある場合とない場合があります。居室ほぼ変わらない部屋として使用できるものから、納戸として使用することを想定しているものまであります。

2019-09-26 15:18 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所