一物一権主義

物件の性質を示す原則です。一物一権主義には2つの意味があります。
まず1つの物権の対象は、1つの独立した物でなければならないという意味です。たとえば、カバンの右半分の部分のみ物権を設定することはできません。
次に1つの物には同じ内容の物権は1つしか存在しない(物件の排他性)という意味です。同一の物に対して同一内容の物件が複数成立すると、物への直接的支配が失われ、特定の物を直接的に支配する権利、という物権の定義に矛盾するからです。

2019-09-26 14:33 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所