不動産登記

不動産に関する登記です。不動産の権利者や、不動産の面積や住所などが記載されます。不動産取引においては登記が対抗要件で、不動産の二重売買がなされた場合、先に登記を備えたほうが不動産の所有権を取得します(民法177条)。

2019-09-26 18:31 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所