保全処分

将来の強制執行に備えて、相手方が財産を隠したり処分したり、財産の価値を減少することを防ぐ処分です。民事保全法に規定される仮差押えや仮処分のことです。仮差押えは金銭債権を保全する場合になされ、仮処分は非金銭債権を保全する場合になされます。
民事執行法や破産法、民事再生法などの法律において、個別的に保全処分が規定されます。

2019-09-26 18:51 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所