印鑑

印鑑によって押された印章は、印鑑証明書として役所に登録することができ、これによって実印登録をします。印鑑が必要とされる契約は実務上、多いのですが、印鑑の有無によって、契約の効力が法律的に左右されることは、原則としてありません。

2019-09-26 14:45 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所