合有

個人的な独立性が弱いため、共有と比べて権利に制限がある共同所有形態です。民法上の組合における組合財産に対する組合員の権利が合有にあたります。合有は、各共有者は持分を持っているという点で共有と共通します。しかし、共有と異なり、分割請求や処分の自由は制限されます。

2019-09-26 16:33 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所