同時申請

複数の登記申請を同時に行うことを、同時申請といいます。複数の登記申請を同時に行わないと、登記申請自体が却下される場合があります。たとえば、土地の売買に関して買戻特約を付した場合、買戻特約の登記と所有権移転登記を同時に(まとめて)申請する必要があります。所有権移転登記後に、買戻特約の登記を申請した場合、買戻特約の登記は却下されます。
通常、複数の登記を一度にまとめて申請すると、異なった受付番号が連番で付されます。しかし、同時申請では、別々の登記であっても、同じ受付番号が付されます。

2019-09-26 18:34 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所