固定資産税課税台帳

固定資産税の課税台帳とは、土地課税台帳、土地補充課税台帳、家屋課税台帳、家屋補充課税台帳、償却資産課税台帳の5つの台帳の総称です。地方税法380条1項により、固定資産の状況や固定資産の課税標準である固定資産の価値を明らかにするために、市町村が備え付けることを義務付けているものです。また、町村長は固定資産税の納税者等の求めに応じて、課税台帳を閲覧に供さなければならないとされています。

2019-09-26 16:36 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所