境界標

境界を示すための標識のことを境界標といいます。土地の境界線は、目に見えるものではなく、境界を示す手段として様々なものが利用されています。自然な道などの地形を境界標とする場合もありますが、通常は、石材を埋設する方法が利用されます。都市部のように住宅が密集し、境界標を地中に打ち込むのが困難な場合は、ブロック塀やコンクリートなどに直接打ち込める金属鋲を使って表示することもあります。

2019-09-26 15:33 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所