売買予約完結権

売主と買主の間で、売買の一方の予約をしておき、一方の意思表示により売買を正式なものにする権利です。売買予約完結権を行使することにより、売買の目的物の所有権が、当然に買主に移転します。売買予約完結権は単に予約完結権といわれます。Aが所有する不動産に対して、Bが売買予約完結権を取得したとします。BがAに対して予約完結権を行使する旨の意思表示をしたときは、不動産の所有権がBに移転します。

2019-09-26 17:51 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所