宅地建物取引

宅地や建物の売買、交換、賃貸を行うこと(代理や媒介を含みます)をいいます。宅地建物が高額で人生でわずかな回数しかしない取引であることから、宅地建物取引については、専門的な知識を持ち経験豊富な専門業者に依頼することが多くなります。購入者などの利益の保護と宅地・建物の流通の円滑化を図る目的で昭和27年(1952年)に宅地建物取引業法(宅建業法)が制定され、宅地建物取引業者には行政上の規制が課されます。

2019-09-26 16:58 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所