宅地開発税

都市計画法で規定される市街化区域のうち、公共施設の整備が必要な地域で宅地開発を行う者に対して課税される市町村税のことです。公共施設の整備費用に充てることを目的とした税金で、宅地開発税では、宅地開発を行う宅地の面積を課税標準とし、市町村ごとに定められた税率をかけて算定します。

2019-09-26 16:57 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所