宅地

建築法上、「宅地」は、建物の敷地として利用される土地を意味します。登記簿における地目とは異なる概念で、登記上は農地、山林、雑種地となっていても、宅建業法では宅地に該当するものもあります。

2019-09-26 16:57 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所