悪意

ある事情を知っていることを法律用語で悪意といいます。反対に、ある事情知らないことを善意といいます。悪意か善意かはさまざまな場面で問題になります。たとえば、動産を無権利者から取得した者がその動産を取得するという制度です。動産の即時取得(民法192条)は、取引相手が無権利者であることを知らない(善意)場合に成立します。反対に、取引相手が無権利者であることを知っている(悪意)場合には成立しません。

2019-09-26 14:02 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所