抵当権の侵害

抵当権を適正に行使するにあたっての障害となる事実をいいます。抵当権がついている不動産に借家人が不正に居座っていて競売ができない場合や、競売はできるが値段が大幅に下がるような場合は、不動産を正当な価格で売却できないので、抵当権が侵害されています。抵当権者は、抵当権に基づく妨害排除請求権として抵当権侵害を止めることを求め、や抵当不動産の明け渡しを求めることができます。

2019-09-26 17:56 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所