抵当権の処分

抵当権の変動を目的とし、転抵当、 抵当権の譲渡・放棄、抵当権の順位の譲渡・放棄などがあたります。
抵当権の譲渡・放棄などによって、抵当不動産が実行された場合の配分が変わってきます。

2019-09-26 17:56 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所