抵当権の順位

1つの不動産に複数の抵当権が設定されている場合、登記の順番によって弁済を受けられる優先順が決まることです。抵当権の順位は、原則として入れ替わることはありません(順位確定の原則)。優先順位の高い抵当権が消滅した場合には、以下の抵当権は順に繰り上げられます(順位上昇の原則)。ただし民法の規定に従えば、登記によって抵当権の順位を変更できます(民法374条)。

2019-09-26 17:54 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所