担保不動産競売

競売によって不動産担保権を実行することです(民事執行法180条1号)。土地に抵当権をつけて金銭消費貸借をしている場合に、返済が滞ったときは、貸主が民事執行法の規定に従って、換価(抵当権を実行し、競売により土地を金銭に換えること)して、賃金の回収を図ります。
また、債権者が債務者の財産を強制的に換価する手続のことを一般的に、強制競売といいます。

2019-09-26 17:22 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所