時効

民法上、一定の事実状態が継続する場合に、それが真実の権利関係と一致しなかったとしても実際の権利として認める制度を時効といいます。一定の期間が経過することで権利を取得する取得時効と、権利が消滅する消滅時効があります。

2019-09-26 15:36 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所