期間

ある視点からある時点までの一定の継続的な時間のことです。民法においては、期間を以下のように規定しています。時間により定めたときは、期間はその時点から起算します。また、日、週、月また年をもって定めるときは、期間の末日の終了をもって満了とし、期間の初日は算入しません。ただし、その期間が午前0時より始まるときは初日を算入にします。

2019-09-26 15:20 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所