検査済証

建物の完了検査を受けた後に、建築主事等により発行される書類です。建物検査済証といいます。建築物および敷地が法令に適していることを証明するための文書です。検査済証がなくても、直ちに違法建築物になるわけではありません。検査済証の有無が特に問題になるのは、その建物の売却する場合です。金融機関等により提出が求められるからです。

2019-09-26 15:52 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所