法律上の推定

法律の規定により、一定の事実があれば権利や事実が推定されることです。
民法186条2項は、2つの時点での占有を証明すれば、その間の占有は推定されることを定めます。法律上の推定は、立証することが困難な事項について相手方が立証責任を転換するために置かれています。相手方が別の事実を証明することで推定を覆すことも可能です。

2019-09-26 18:45 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所