消印

契約者に貼付された印紙と契約書面にまたがってなされる押印のことです。消印をすることによって印紙が使用されたことが明らかになります。契約書が印紙税法上の課税文書である場合、当事者は納税のため、契約書に所定額の収入印紙を貼付して、消印をする必要があります。

2019-09-26 15:50 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所