液状化現象

土地の地盤に含まれる水分を多く含んだ砂の層が液体のように流動化して、水圧が高くなった地下水が、砂と共に噴き上がる現象のことです。地震等の大型災害において液状化現象は多く発生しています。
液状化現象は、一般に水分を多く含んだ砂質の地盤である、盆地や砂丘、砂州など、小さい砂の粒子が多く含まれる場所で多く見られます。
埋立地や干拓地など、人工的に形成された地盤でも、液状化現象は多く見られます。

2019-09-26 14:54 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所