準都市計画区域

都市計画において都市計画区域の要件を満たさない区域であるものの、将来的に市街化する見込みがある地域の開発行為を規制する制度です。準都市計画区域に指定されるには、a 都市計画区域外の土地であること、b 相当数の住居等の建築・敷地の造成等が実際に行われている、または行われる見込みがあること、c 現状の土地の利用を認めていると将来の整備開発保全に支障が生じる恐れがあること、という要件を満たす必要があります。

2019-09-26 16:23 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所