物権変動

物権の「得・喪・変更」のことです。家を新築すれば所有権を取得(得)し、お金を借りるために家を担保にすれば抵当権を設定(変更)し、火事で焼失すれば所有権が消滅(喪)し、家を建てるために設定した地上権の存続期間を延長(変更)する、というように、物権の変動にはさまざまな原因や態様があります。物権変動の中でも最も重要なものは法律行為(特に売買)による物権変動です。

2019-09-26 18:24 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所