登録免許税

登記等の登録をする前に支払う税金です。一定の事項を登録する際に課されます。不動産の場合の登録免許税は、当該不動産の価格に登録免許税の税率の乗じた額により計算されます。固定資産課税台帳に登録された建物部分が1000万円を購入した場合には、建物の売買等の所有権移転に関する税率は2%と定められており、1000万円×2%= 20万円が登録免許税として必要になります。

2019-09-26 18:37 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所