直接取引

不動産取引会社の仲介を通さずに、売主と買主が直接取引を行うことです。直接取引をする場合、仲介手数料がかかりませんが、不動産取引は額が大きく、専門知識や経験も必要なので、契約書作成や物件の状態把握などは、専門家の関与が望ましいといえます。

2019-09-26 17:37 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所