買付証明書

不動産の購入希望者が売主に対して、物件を購入する意思があることを表明する書類のことです。物件の表示や、購入希望価格、支払い時期や支払い方法などについて、記載します。買付証明書は、あくまでも購入意思があることを相手に伝えるにとどまり、売買契約の締結とは直接結びつくものではありません。買付証明書を交付しても、やはり買わないことにすることも可能で、正式に売買契約を締結するまでは購入意思を撤回することが可能です。その意味では、中途半端なつもりで売買交渉しているわけではない旨を証明するものです。

2019-09-26 14:12 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所