連帯保証

債権者が、債務者の資力や債務者に履行の請求をしたかどうかにかかわりなく、保証人に対して保証債務の履行を請求できる保証形態のことです。保証人を連帯保証といいます。
通常の保証は、債権者はまず主たる債務者から債権を回収しなければならないので、連帯保証は通常の保証より債権者に有利です。通常の保証の場合、保証人はまず主たる債務者に請求するように主張したり(催告の抗弁件)、最初に主たる債務者の財産に執行するように主張すること(検索の抗弁権)ができます。連帯保証においては、保証人には催告の抗弁権(民法452条)や検索の抗弁権(同法453条)が認められません。

2019-09-26 19:07 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所