都市再開発法

区画整理が平面的立体的にも行われる都市部において都市開発法が都市再開発について、土地区画整理法と同様の手法を定めています。都市再開発も、他の区画整理と同様、地権者などの個人や地方公共団体、独立行政法人都市再生機構(かつての住宅・都市整備公団)が主体となって行います。土地区画整理の換地処分の場合と異なり、再開発の結果、低層住宅の地域が高層化し、従来の権利者は立体感した各階に相当面積を割り当てられることになります。

2019-09-26 18:43 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所