高齢者居住法

「高齢者の住居の安定確保に関する法律」のことで、高齢者に、安心して居住できる住宅が供給することを目的とする法律です。高齢者住まい法と呼ばれることもあります。
高齢者居住法は、高齢者が住みやすい賃貸住宅の情報を、都道府県などが公開する制度を設けています。高齢者が一生涯、安定した居住環境で生活できるよう、終身建物賃貸借制度を設けています。平成23年に法改正が行われ、サービス付き高齢者向け住宅の登録制度が創設されました。

2019-09-26 16:34 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所