契約・敷金・退去トラブルfor rent

契約時の疑問解決から、トラブルの沈静化まで!

家を借りる場合、賃貸借契約を締結することになります。
家を買ったり、土地を買ったり借りたりする方はそこまで多くはないかもしれませんが、1人暮らしをする方は家を借りますし、家を買わずに借りて住んでいる方も少なくありません。
借家賃貸借契約は、不動産契約の中でもっともなじみのあるものかと思います。
賃貸借契約を締結する場合、事前に様々な準備が必要です。
初期費用や必要書類、契約条件についてしっかり把握してから契約を締結させなければなりません。
初期費用の内訳についてよく知っておくことや、条件について不動産会社に確認することでトラブルを未然に防ぐことができます。
特に敷金は額も多く、退去時に敷引きされるものなのか、敷金の償却にあたってのルールはどのようになっているのかを確認しておくべきです。
また保証人も近年は立てづらくなっているため、保証会社利用が必須とされているパターンが多いのですが、契約条件とともに確認しておくべきです。
また、トラブルは契約するときだけではありません。居住中に起こるご近所トラブルや解約するときの違約金トラブルなど様々です。
問題になりそうなことは事前に家主に相談しましょう。

不動産トラブルは弁護士にお任せください東京永田町法律事務所
弁護士へのご相談・お問い合わせはこちら03-5532-1112

9:00-19:00 除く土日祝祭日