不動産の付合

不動産の所有者が、不動産に不着したものの所有権を取得することです(民法242条)。不動産に付着して分離しにくい物は、不動産に付合します。ただし、権原により物を付着させた他人の権利を妨げることはできません。

2019-09-26 18:32 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所