借家人

購入した中古住宅に居住する借家人が立ち退いてくれない場合はどうしたらいいでしょうか。

借家人は借地借家法によって手厚く保護されており、借家の所有権が移転しても、借家権が登記されていれば新しい所有者は借家人に退去請求できません。また、仮に借家権の登記がなくても、借家人が借家を占有している状態にあれば、やはり退去請求できません。

借家契約の期間が満了した場合でも、所有者側に更新を拒むだけの「正当な理由」がなければ、契約更新を拒絶できません。「正当な理由」の有無は、借家の所有者に対して厳しく判断されます。

ただし、売り主と買い主の間で借家人の退去を条件とする売買契約が締結されている場合は、借家人の退去を前提として契約を結んでいるわけですから、買い主は「借家人が退去しない」ことを理由に契約解除を主張できます。なお、購入した中古住宅が物件として魅力的で、手放したくないとうことであれば、借家人に立ち退き料を支払って退去してもらうという選択肢もあります。

2020-07-06 18:51 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所