占有移転禁止の仮処分

目的物の占有を移転することを禁じる仮処分のことを占有移転禁止の仮処分といいます(民事保全法23条1項)。
民事訴訟などで、債務者が目的物を移転させないために行われます。占有移転禁止の仮処分をしていないと、裁判で勝って強制執行しようとしても債務者のもとに目的物がなく、執行できないことがあります。
占有禁止の仮処分がなされた場合には、仮処分命令が出たことを知りながら債務者から目的物を譲り受けた者に対しても強制執行をすることができます。

2019-09-26 17:13 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所