売建て住宅

不動産開発業者(デベロッパー)と宅地の購入者との間で、建築請負契約を結ぶ条件で宅地を売買する宅地分譲契約です。
すでに建てられている建物購入する建売住宅の売買と異なり、売建て住宅では、土地の売買の後に建物の建築請負契約を結ぶため、購入者が建築する建物の設計プランを自由に決定できる利点があります。

2019-09-26 14:51 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所