建築基準法

建築物の敷地・構造設備・夜に関する最低の基準を定めて、国民の生命・健康・財産の保護を図ることを目的として制定された、建築法規の根幹をなす法律です。 a 建築確認・違法建築物について定めた総則規定、b 建築物の敷地・構造・設備に関する一般的基準を定めた規定(単体規定と呼ばれることもあります)、 c 建ぺい率・容積率・高さ制限などを定めた規定(集団規定と呼ばれることもあります)などからなります。建築基準法に違反した場合は、行政庁により、建築工事の停止・建築物の除去・使用禁止などの是正措置がとられることになります。

2019-09-26 15:57 [Posted by]:不動産の弁護士・税理士 東京永田町法律事務所